秋の青
a0147312_13362882.jpg


楽しみにしていた布が届いた。

その包みと、送り主の名前を見ながら
開くのが少しもったいないような気がして
しばらくの間、どんな感じなのかと想像をめぐらせる。

入り口横のガラス部に、いつも下げているピーニャの布。
気分を変えたくなって、なにか、を探した。

すぐにお願いしたい方が見つかった。

ウスタニミホさん。

染色家である彼女は、藍や墨、柿渋などに、絞りなどを施し染め上げています。

藍染に絞り。
よく知っているものだと、すこし古風なもの、すこし古典的なものを想像します。
もちろん、それはそれとしての良さがあって、決して嫌いではありません。
しかし、当店の雰囲気とはちょっと違うので、いままで店内のものとしては使った事はありませんでした。

ウスタニさんの染めの色は、空の色、海の色。
とてもきれいな自然の青です。
「藍は、濃く染め上げる事は容易でも、薄くきれいに染める事は難しいのです。」
と、昔、誰かから聞いたことがあるような。
そして、幾何学的な模様の絞りをミシンで施す。
すこし野暮ったい絞りの藍染のイメージとはまったく違う、
繊細で、すっとした布。

包みを開けてからも、しばらくの間は見とれていました。

まだ、下げてないけれど、きっと雰囲気によく合う布。
下げるのがとても楽しみ。

ありがとうございます。


明日、6日(水)は定休日となっております
[PR]
by cafezilch | 2010-10-05 14:09 | 日々
<< 咲きましたよ。 お休みのお知らせ >>
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX