ジュネ味噌
エゴマは聞いたことがありましたが、ジュネ味噌は初耳でした。

エゴマ油は、今のように菜種油が主流になる前まで、ごくあたり前に使われてきた食用油。
乾性油のため、番傘や塗料用、ほか、灯火にも使われていたそう。

お客様から、エゴマそのものと、
a0147312_1918251.jpg

それを乾煎りして擂り、お味噌お砂糖などで作る「ジュネ味噌」をいただきました。
a0147312_19184874.jpg


津軽では、多分、そんなに頻繁に食卓には上らない食材だと思うのですが、
南部では、雑穀をつくったり、食べたりすることが日常的のようで、
南部にお知り合いがいるということで、当店にも分けていただきました。

ジュネ味噌は、とても香ばしく、プチプチとした食感で、
いっしょにお持ちいただいた白玉との相性ばつぐん。
そして、エゴマの香り。
とってもおいしいです。

そしてそのままのエゴマ。
何に使おうか、と思いめぐらせ、まずはタルトに。
ちょうど、木の実のタルトを焼こうと思っていたので一緒にパラパラと。
アーモンド、くるみ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツに負けることなくしっかりと主張してくれるだろうか。
落ち着いてからの明日の日替わりスウィーツ。
a0147312_19191137.jpg


楽しい情報、ほんとうにいつもありがとうございます。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-06 19:20 | 日々
<< それぞれの仕事 おげんきですか >>
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX