SAB LETTERPRESS
a0147312_16585025.jpg

貫禄のある佇まいの格好良い紙ものたち。

ただ、そこにあるだけで雰囲気ができあがってしまう。

凸版印刷独特の見た目とさわり心地。

しゃんとして、

大事な人に、

手紙を書きたくなる。




出来上がるまでにたくさんの工程がある活版印刷。
いまではオフセット印刷や、キーボードを叩くだけで印字が出来るようになり、
それらに取って代わられてしまった活版。

しかし、今でも名刺や案内状、ディプロマなど、
少部数でも精度の高い印刷物が必要な分野ではまだまだ需要がある現状。
限定本、詩集や句集を活字で印刷する、というような、
趣味性の強い希少本の世界でも好んで使われています。

活版が主役だった頃のように、
全ての印刷物を以前のように戻す事は無理があるのかもしれません。
しかしながら、ひとつひとつ文字を組んだり、
掘り起したりしたものを一枚一枚プレスしていく工程、
力加減や、インクの出来具合などによっても作り手の個性がでる、
職人的な細やかな技。
そんな技術が廃れてしまうのはとても残念な事。

特別なときや、残しておきたいもの、ご挨拶の時など、
レタープレスにしてみてはいかがでしょうか。

手紙を送るほう、送られるほうも、
きちんと書く、きちんと読む、
という気持ちになるような気がします。

これから、特別な日がたくさんやってきます。

特別な日のカードたち。

クラシカルなイラスト、繊細なライン。
とても格好よいクリスマスカード。

a0147312_16272513.jpg

















a0147312_1630119.jpg



封筒も付いてきます。















来年の干支の卯

a0147312_16342211.jpg






白地に赤枠が新年のご挨拶に相応しく
おめでたい色あわせ。








両方ともハッチングで描かれたとても細やかな線画のイラスト。
非常に繊細で、かつ、重厚感のある作品。


ほか、ありがとうやおめでとうのカードたちも。
a0147312_16482224.jpg











一番上のカードは、津軽の伝統工芸でもある刺し子をモチーフにしたもの。




ほか、レターセットや定番のカードなども。

ゆっくりとあたたかいお飲み物を飲みながら
大切なあの人へ。

限定商品の為、数に限りがございます。




SUB LETTERPRESS
[PR]
by cafezilch | 2010-12-09 17:15 | アクセサリーやカードやいろいろ
<< 本日のご予約 営業時間変更のお知らせ >>
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX