カテゴリ:日々( 125 )
生地がおいしい
久しぶりにここのお店へ。
しめさばサンド?みたいなのが好きで時々デリと一緒に買ってくる。

今日はレジ横のショーケースに目がとまり、
ついついこれも1つ、とケーキも購入。
チョコレート生地とダークチェリーの組み合わせ。
大好きなフォレノアールを思いだす。
チェリーの酸味とキルシュがしっかりときいていて大人なドイツのトルテ。
購入したロールケーキは何個でもいけちゃうくらいの食べやすいお味でしたが、生地がしっとり、もっちりしていて甘すぎずおいしかった。
シュー生地とメレンゲの組み合わせの生地だろうか。
a0147312_1204442.jpg


すっぱいカレーが好きな私にはちょうどよい、トマトの酸味がきいたチキンごろごろカレーもいただきました。
a0147312_1211365.jpg


週末メニュー、ロールケーキとカレー、追加しよっかな。
[PR]
by cafezilch | 2009-12-18 12:03 | 日々
X'mas GIFT BOX
a0147312_20192484.jpg


クリスマス限定のお菓子と、季節のジャムと、焼き菓子の詰め合わせ。
スパイスの効いた詰め合わせ、ちょっと大人な方へのギフトとしていかがですか。
a0147312_20204992.jpg


ほか、当店では、店主の独断で「好きなものだけコーナー」という場所があります。
インドのカディショールや、イギリスのセントエヴァルのキャンドル(St EVAL CANDLE)アリスパーク(Alice Park)のレザーケース、アンリケッツ(Anne Ricketts)の小さな彫刻のペーパーウエイト、サブレタープレス(SAB LETTER PRESS)の紙もの、メリッサジョイマニング(Melissa Joy Manning)のイヤリング、ヤナセレイ(yanase rei)のアクセサリー、ラップランドブレスレットなどなど。
こちらもギフトもしくは、自分へのプレゼントとしても。

a0147312_20271970.jpg

a0147312_90560.jpg
[PR]
by cafezilch | 2009-12-15 20:32 | 日々
冬の朝
まだ開店前の掃除の時間。
誰も居ない冬の店内はしん、としていて心地良い。
開店準備をするのも忘れ、窓を全開にして、あたたかい飲み物を飲みながら普段聴けない音楽を聴く。
とても贅沢なひと時です。

普段聴けない音楽とは・・・
あまりにも静かすぎたり、せわしなかったり、わかりやすい歌詞が入っていたり。
お客様の読書や会話、時間の邪魔をしたくないので、遠くで流れてる程度にしています。

でも時々一人の時間を楽しみます。
今朝はこの方の歌声で開店準備をしました。
オペラを聴くとつむじがムズムズするのは私だけでしょうか・・・
a0147312_1951639.jpg


[PR]
by cafezilch | 2009-12-15 19:52 | 日々
作って食べる
オイルサーディン。
美味しいいわしのオイル漬け。
そのまま食べても、アレンジして食べても美味しいそれを作りたい、とチャレンジしてみました。
通常の缶詰に入っているいわしは大きくてもせいぜい10cm弱なのに対して、私が使ったものは普通の焼き魚サイズ。
手間をかけても時間をかけてもよく見かけるものにはほど遠く、普通の魚のように骨をきれいに取り除いてから食べました。
でも、時間をかけたから?なのか、いわしの身には、にんにくやハーブの香りが移っていてふっくらと美味しいものができました。
今まであたり前に市販のもので済ませていたものを、自分で作ってみると、その工程の多さに驚くのと、市販のものとはまた違ったフレッシュ感を味わえるのが嬉しい。
つぎは骨まで食べれるサーディーンを作れるようになりたい。

こちらはあくまでもまかない用として作ったもので、スタッフと共にパスタにしたり、丼にしてたいらげました。
いつの日か美味しいのが出来たときは黒板メニューで出るかもしれません。
その日をお楽しみに。

大変お待たせいたしました。
来週はじめ頃からクリスマスケーキのご予約をお受けいたします。
今年はベラヴェッカ。
くわしくは来週に写真と共にお知らせいたします。
a0147312_20101611.jpg

[PR]
by cafezilch | 2009-12-12 20:12 | 日々
素敵ないただきもの
12月6日はサンニコラの日。
ベルギーではクリスマスよりも大きなお祭りとされています。
この日は子供達にスペキュロスというスパイスクッキーやマジパンなとが配られます。
もう過ぎてしまいましたが、6日にこのスペキュロスを知人からいただき、とても嬉しく、美味しくて幸せな気分になりました。
味的には、アメリカのジンジャーマンクッキーやフランスのパンデピスに似ているお味。
こんなスパイスたっぷりなクッキーを外国の子供達が喜んで食べるとは、文化の違いでしょうか。
子供のように喜んでいただきました。

寒い季節になるとなぜスパイスが恋しくなるのでしょう。
スパイス入りのメニューが増えそうです。
a0147312_19395689.jpg

[PR]
by cafezilch | 2009-12-08 19:42 | 日々
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX