カテゴリ:drink( 9 )
お待たせいたしました!
「グレープフルーツとパインアップル、セロリの疲労回復ヘルスドリンク」

a0147312_10142997.jpg


考案中だったヘルスドリンク。

お出ししようと準備を進めていたのですが、

ミキサーが壊れたり、

冷蔵庫が壊れたり、

トースターが壊れたり。

そうこうしているうちに、ご予約やイベントなどが立て続き、
今になってしまいました。


さわやかな酸味のグレープフルーツは万能な果物。

柑橘系に含まれるビタミンCは抗酸化ビタミンのひとつで、
細胞を傷つけたり、老化や病気の原因となるな活性酸素の除去に役立ちます。
免疫力の強化、それによる感染症の防止、
また、房を包む薄皮に含まれるビタミンPは
ビタミンCの吸収を助けたり、
毛細血管を丈夫にする効果もあります。

まさにヘルスです。

食物繊維の多いパインアップル、セロリも加えてよりヘルシーに。

a0147312_10343694.jpg


明日、七月からお出しします。
[PR]
by cafezilch | 2011-06-30 10:35 | drink
冬のハーブティ-
お知らせが遅くなってしまいましたが、
季節のドリンク、出してます。

この度はHyssop(ヒソップ)

a0147312_107314.jpg


清涼感のある香りと味、そして、柳の葉に似ていることから
柳薄荷(ヤナギハッカ)という和名が付いています。

古代ギリシア・ローマ時代にはすでに「聖なるなるハーブ」として広く知られており、
色々なものを清めたり、殺菌、浄化作用があったり、
メディカルハーブとしても使われていたそう。

この、ヒソップというハーブ、
とにかく万能なんです。


* 心への癒しとして、
不安、神経性の緊張、ストレス症状に。

* 身体への効能・効果・効用
疲労、風邪、インフルエンザに。
特にウィルス性の感染症に効果あり。
咳、百日咳、喘息、気管支炎に。
カタル症状に。
喉の痛み、扁桃炎に。
リューマチ、関節炎、通風に。
疝痛、消化不良に。
低血圧に。

* 肌へ
傷、切り傷に、内出血、炎症、皮膚炎に、湿疹に。

そのほか、
肉、お豆など、素朴な味付けのお料理、
エッセンシャルオイル、サシェなど、本当に多様。

ちょっと風邪っぽいかな、疲れたな、食生活が乱れてるな、
気持ちの切り替えしたい、など、いろんな状況に寄り添うヒソップティーです。

ブレンドや、アレンジなど色々考えましたが、香り、味に特徴があるのでそのままで。


カップを持ち上げ、
深呼吸して、
口にして、
鼻から抜ける香りをゆっくり、ゆっくりとお楽しみください。




* ヒソップは少し強めのハーブです。
   妊娠中の方、高血圧の方などはお控えください。

[PR]
by cafezilch | 2010-11-11 10:26 | drink
ローズヒップとハイビスカスの赤いハーブティー
春から夏にかけて季節のドリンクとしてお出ししていたハーブティー。

暑い季節も終わり、季節のドリンクも変えようと黒板メニューから消したところ、
もうないんですか?の問いが多かったのには意外でした。

もちろん、もうありません!とは言いません。
季節のドリンクという括りから、グランドメニューのハーブティーへ昇格です。

実は酸っぱすぎるハイビスカスティーは苦手で、
のどにクッと刺さるような刺激が得意ではありませんでした。
でも、色の綺麗さや、体に良い成分がたくさんのハイビスカスを美味しくいただきたいと思い、
いろいろ試行錯誤し、出来たのがローズヒップのジャム。

ローズヒップ。
ハイビスカス同様よく耳にするハーブティーですが、
ローズヒップの味って、どんな味?
そして、こんな硬いものから、わずか数分で味や成分が抽出されるの?
a0147312_18455875.jpg

はい、されます。
かすかに、香り、味、もちろん成分も出ます。

が、それだけでは終わりません。
そのものを食べてしまいます。
a0147312_18562243.jpg


一晩水に浸しておいて、煮ます。

そして、ローズヒップのエキスがぎゅっと濃縮されたジャムのできあがり。
お砂糖の代わりに入れると、ほのかな甘みがハイビスカスの強い酸味と相まって
とても美味しくいただけます。
もちろんそのままお召し上がりいただいても。

以前の記事にも書きましたが、ビタミンの爆弾のローズヒップ。
もしかしたら夏の疲れが出てくるこれからの季節のドリンクだったのかも。
a0147312_1920074.jpg


* 通常ビタミンcは熱に弱いのですが、
   ローズヒップのビタミンは熱に強い為、効率よく体内へ吸収されるのだそうです。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-18 19:40 | drink
期間限定フレッシュハーブティ
a0147312_1465798.jpg


以前も記事にしましたが、
中庭のハーブ達がとてもモリモリとフレッシュに育っていて、
ただいま飲み頃です。

ハーブの育ち始める春時期から夏の終わり頃までの期間限定のお飲み物です。

ご注文いただいてから摘みに行きます。

見た目にもさわやかなフレッシュハーブティーで、
蒸し暑いこの時期を涼やかにお過ごし下さい。
[PR]
by cafezilch | 2010-07-12 14:15 | drink
season's drink
まだまだ油断できない気候が続いています。
気候の変動で、ひらきかけたさくらの蕾もひと休み。

お食事や、お飲み物も、その日のお天気で出るものが全然違います。
ミルクティーばかりの日もあれば、フレッシュジュースばかりのときも。
そして、すごくお天気のいい日は、サンドウィッチとお飲み物のお持ち帰り。
きっとお散歩や、公園などへ行くのでしょうね。

喫茶店とはいえ、お天気予報は日々チェックしないと予測がつきません。


一年に4~6回ほど変えてお出ししている季節のドリンク。
毎年同じではなく、今年はこんな気分、こんなのが飲みたいという
お客様のご意見や、スタッフの意見を聞いたりして決めています。

今回の季節のドリンクはハーブティーとシェイク。
*ローズヒップとハイビスカスの赤いハーブティー
  ビタミンの爆弾とも言われるほか、鉄分やリコピンなど女性に必要な成分がたくさん。
  免疫力を高めてくれたり、ホルモンバランスを整えてくれたりと、
  美味しいだけじゃなく、体に良いローズヒップ。
  そして、相性の良いハイビスカス。
  こちらもビタミンが豊富で、ローズヒップと組み合わせることで、相乗効果を得られます。
  そのままでも美味しいですが、ローズヒップのジャムも作りました。
  こちらを入れてもおいしくいただけます。

*さくらシェイク
  さくらの香りと、ほどよい塩味が濃厚なバニラアイスと良くあいます。
  ゴクゴク飲む、というより、香りと味を楽しみながらいただけるスムージーのような感覚で。
  
こちらは黒板メニューで出しております。
期間は決まっておらず、きまぐれで変わりますので、
ご興味のある方はぜひ。

明日、4月21日(水)は定休日となります。
[PR]
by cafezilch | 2010-04-20 17:51 | drink
オレンジミルクティー
体を温めてくれるお飲み物 no.3

こちらもオープン当初からのドリンクメニュー。
当店のミルクティーは、基本的に手なべで煮出して作っています。
すこしの水分で茶葉を開かせ、ミルクを入れて煮ます。

このベースにいろんなものを加えて煮出すのです。

オレンジミルクティーも、自家製でオレンジピールを作り置きし一緒に煮ます。
そして、別添えでオレンジピールもお付けしています。
お砂糖の代わりにお使いいただいております。
a0147312_16152245.jpg

以前紹介したスパイスミルクティーも、今回のオレンジミルクティーも、
ほか、ミントティーなどもフレッシュなものと、合う茶葉の組み合わせでお出ししています。
とくにこだわってリアルフレーバーにしているわけではなく、
そうしたほうが美味しいから。
もちろん、リアルフレーバーだと弱すぎたり、美味しくなかったりするものは、
もともとフレーバーがついているものや、市販されているシロップなどどんどん使います。

オレンジなど柑橘系のものはミルクとも合います。
こってりと淹れたミルクティーにオレンジピールとコアントローでさわやかに香り付け。
ナイトキャップにも。
[PR]
by cafezilch | 2010-01-26 15:00 | drink
スパイスジンジャーティーとスパイスミルクティー
体を温めてくれるお飲み物 no.2

a0147312_14192472.jpg
”スパイスジンジャーティーと
スパイスミルクティー”
に使用しているスパイスジンジャーシロップ。













オープン当初からのメニュー。
数種類のスパイスとお砂糖とたっぷりの生姜を煮詰め、
それと一緒にミルクと煮込んだり、紅茶とあわせたり。

時には角煮や赤ワイン煮などの煮込みに入れたり、
ジンジャーだけを取り出して刻んでジンジャーケーキに入れたり。
スパイスティー用に作ったシロップは、いまではなんにでも使っています。

お客様からのご希望がきっかけで、ジンジャーシロップだけの販売もしているのですが、
風邪を引いたとき、のどが痛いときなど、お湯を注ぎ足ししながら飲まれているそうで、
最後には残った生姜も食べつくしていただいてるとか。
ありがたい。

体を温めてくれる飲み物としての紹介ですが、
夏はキリっと冷やしたアイスティーもおすすめ。
清涼感ある香りと、発汗作用のあるジンジャー。
少し濃い目に淹れ、夏の暑さにも負けないサマーティーにも変身します。
こちらもお客様からのご希望がきっかけとなって夏には沢山出るメニューのひとつとなっています。(いつの時期もご注文できます。)

始まりはひとつの目的だったモノが、
人の手によって何かのきっかけで形を変え、広がり、教えていただき、また戻ってくる。
自分が大好きなものだからこそ、こういう繋がりはすごくうれしい。

物理的にも温かくなるメニューですが気持ちもあたたかくなるスパイスドリンクです。
[PR]
by cafezilch | 2010-01-14 14:27 | drink
ラムミルクティーやウォルナッツコーヒー

冷えますね。
店内はコンクリート造りなので、暖まるまで少し時間がかかります。
冬の空気や静けさは好きなのですが、
寒さに弱く行動が鈍くなります。

そんな時は中から温めます。

タイトルにある
”ラムミルクティー”と”ウォルナッツコーヒー”
 
 
a0147312_13104820.jpg

ラムミルクテーは、手なべで煮出したミルクティーにラム酒を数滴。
ラム特有の甘くもったりとした香りが楽しめます。
別添えでラムもお付けしています。
お好みで加えて大人なアルコールティーも楽しめます。

a0147312_13111558.jpg

 ウォルナッツコーヒーは、くるみを細かく砕いたものとミルクと煮出し、
 とろとろとなったものを濾してコーヒーと合わせ、生クリームとクルミをのせます。
 クルミの香ばしさとナッツオイルで冷めにくくまったりとした味わいながらも、
 エスプレッソできりりと締まった味になっています。

体を温めてくれるスペシャルな飲み物。
実はどちらともメニューには載っていません。
以前の季節のドリンクとして黒板メニューで提供していたものです。
今は”ショコラショー"なので、上の二つはお出ししていないのですが、
この季節になると、作っていただけますか?とよく聞かれます。

なんだか嬉しいです。

一年、二年と経っても、覚えていてくださり、オーダーして下さる。

新しいものがお客様によってスタンダードになってゆく。
時間がかかってもこうゆうプロセスを大事にしていきたい。

いつでもオーダーお受けいたしております。
いつの日かスタンダードメニューに昇格できますように。

体を温めるお飲み物はほかにもございます。
少しずつ紹介していけたらと思っています。
[PR]
by cafezilch | 2009-12-27 13:40 | drink
寒空とショコラショー
いち日いち日とふゆに向かってるなと、帰り道の風の痛さにそう感じさせられます。

店内には大きな窓が奥の方にひとつあって、自然光が差し込む唯一の窓。
入り口を入ると薄暗く、奥に向かって光が差し込む。
そのコントラストが美しいなぁと思う。
夏の強い日差しを避けるためにもうってつけな当店ですが、
オレンジ色の照明とレンガの壁が秋冬の空気にもよく合うと思っています。

a0147312_13123797.jpg

12月からの季節のドリンク、ショコラショー。
チョコレートをとかした飲み物、というよりは温かいスウィーツ。
甘すぎるのが苦手なので、酸味のあるカリブ産チョコレートのカライブとカカオをブレンド。
ちいさなちいさなエスプレッソ用デミタスカップにて提供しております。
寒いこの季節、甘くあたたかく濃厚なショコラショーを飲むと、とても贅沢な気分になります。
ぜひお試しください。
ケーキやタルトによく合う食材も増えてきました。
季節のスウィーツもご用意してお待ちしております。

 
[PR]
by cafezilch | 2009-12-05 17:48 | drink
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX