<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Weekend foods
週末の黒板メニュー

*豚ばら肉とスパイスの赤ワイン煮込み、グリルド野菜とライ麦パン付き  

豚ばら肉と、シナモン、クローブ、スターアニス、ハチミツと、
キノコ、たまねぎ、セロリでじっくり煮込みました。

お肉と赤ワインの煮込み、決まりは無く(私的に)なんでも入れてしまいます。残ったドライフルーツや、果物の皮、豆などの穀物などなんでも。季節がら煮込み料理を食べるとホッとします。

*スモークサーモンとじゃがいものクリームグラタンパイ サラダとピクルス付き

スモークサーモンとじゃがいもとたまねぎとローズマリー、
ホワイトソースとグリィエールチーズものせて焼きました。

アツアツでも冷めてもおいしい。
じゃがいもと魚っておいしい。
鱈とじゃがいもの組み合わせもよくやります。

ぜひお召し上がり下さい。
黒板メニューはなくなり次第終了とさせていただいております。
[PR]
by cafezilch | 2009-12-19 12:01 | foods
生地がおいしい
久しぶりにここのお店へ。
しめさばサンド?みたいなのが好きで時々デリと一緒に買ってくる。

今日はレジ横のショーケースに目がとまり、
ついついこれも1つ、とケーキも購入。
チョコレート生地とダークチェリーの組み合わせ。
大好きなフォレノアールを思いだす。
チェリーの酸味とキルシュがしっかりときいていて大人なドイツのトルテ。
購入したロールケーキは何個でもいけちゃうくらいの食べやすいお味でしたが、生地がしっとり、もっちりしていて甘すぎずおいしかった。
シュー生地とメレンゲの組み合わせの生地だろうか。
a0147312_1204442.jpg


すっぱいカレーが好きな私にはちょうどよい、トマトの酸味がきいたチキンごろごろカレーもいただきました。
a0147312_1211365.jpg


週末メニュー、ロールケーキとカレー、追加しよっかな。
[PR]
by cafezilch | 2009-12-18 12:03 | 日々
ご予約のフルーツタルト
年末年始やお盆などご親族が集まるときに、と、いつもご予約いただいております。
ほんとうにありがたいことです。

a0147312_17534495.jpg

 
[PR]
by cafezilch | 2009-12-17 17:54 | sweets
X'mas GIFT BOX
a0147312_20192484.jpg


クリスマス限定のお菓子と、季節のジャムと、焼き菓子の詰め合わせ。
スパイスの効いた詰め合わせ、ちょっと大人な方へのギフトとしていかがですか。
a0147312_20204992.jpg


ほか、当店では、店主の独断で「好きなものだけコーナー」という場所があります。
インドのカディショールや、イギリスのセントエヴァルのキャンドル(St EVAL CANDLE)アリスパーク(Alice Park)のレザーケース、アンリケッツ(Anne Ricketts)の小さな彫刻のペーパーウエイト、サブレタープレス(SAB LETTER PRESS)の紙もの、メリッサジョイマニング(Melissa Joy Manning)のイヤリング、ヤナセレイ(yanase rei)のアクセサリー、ラップランドブレスレットなどなど。
こちらもギフトもしくは、自分へのプレゼントとしても。

a0147312_20271970.jpg

a0147312_90560.jpg
[PR]
by cafezilch | 2009-12-15 20:32 | 日々
冬の朝
まだ開店前の掃除の時間。
誰も居ない冬の店内はしん、としていて心地良い。
開店準備をするのも忘れ、窓を全開にして、あたたかい飲み物を飲みながら普段聴けない音楽を聴く。
とても贅沢なひと時です。

普段聴けない音楽とは・・・
あまりにも静かすぎたり、せわしなかったり、わかりやすい歌詞が入っていたり。
お客様の読書や会話、時間の邪魔をしたくないので、遠くで流れてる程度にしています。

でも時々一人の時間を楽しみます。
今朝はこの方の歌声で開店準備をしました。
オペラを聴くとつむじがムズムズするのは私だけでしょうか・・・
a0147312_1951639.jpg


[PR]
by cafezilch | 2009-12-15 19:52 | 日々
クリスマスのお菓子
a0147312_212229.jpg
できました。

今年はberavecka(ベラヴェッカ)
フランス、アルザス地方の伝統菓子で、
今では日本でも知名度のあるシュトーレンと並んでよく食べられているクリスマスのお菓子。
ここ数年前からちょこちょこと名前を聞くようになりましたね。
こちらのお菓子は、沢山のドライフルーツをキルシュ酒に漬け込んだものと、沢山のナッツ、ライ麦粉で作った発酵生地、数種のスパイスとともに焼いたものです。

ほとんどが”具”で少量の生地でやっとつないでる感じの、ずっしりと重いリッチな配合。
薄くスライスして少しずつクリスマス、ニューイヤーまで食べます。
時間が経つほどしっとりとしてきておいしい。
しっかりした赤ワインやチーズとも合います。
そのほか、焼き菓子や「ふじとバニラビーンズと白ワインの季節のジャム」(こちらもローストしたお肉と良く合います!)などクリスマスギフトにいかかですか。
寒い季節、ヴァンショーなどと共にゆっくりゆっくり味わって下さい。
 
ベラヴェッカ (15本限定販売)¥ 1,200 (常温の冷暗所にて2,3週間保存できます)
*ベラヴェッカは12/20に完売いたしました。ありがとうございました。
焼き菓子各種 ¥ 150~
季節のジャム ¥ 580

ほか、タルトやケーキなども通常どおりご予約承っております。

a0147312_21401482.jpg

[PR]
by cafezilch | 2009-12-14 21:41 | お知らせ
作って食べる
オイルサーディン。
美味しいいわしのオイル漬け。
そのまま食べても、アレンジして食べても美味しいそれを作りたい、とチャレンジしてみました。
通常の缶詰に入っているいわしは大きくてもせいぜい10cm弱なのに対して、私が使ったものは普通の焼き魚サイズ。
手間をかけても時間をかけてもよく見かけるものにはほど遠く、普通の魚のように骨をきれいに取り除いてから食べました。
でも、時間をかけたから?なのか、いわしの身には、にんにくやハーブの香りが移っていてふっくらと美味しいものができました。
今まであたり前に市販のもので済ませていたものを、自分で作ってみると、その工程の多さに驚くのと、市販のものとはまた違ったフレッシュ感を味わえるのが嬉しい。
つぎは骨まで食べれるサーディーンを作れるようになりたい。

こちらはあくまでもまかない用として作ったもので、スタッフと共にパスタにしたり、丼にしてたいらげました。
いつの日か美味しいのが出来たときは黒板メニューで出るかもしれません。
その日をお楽しみに。

大変お待たせいたしました。
来週はじめ頃からクリスマスケーキのご予約をお受けいたします。
今年はベラヴェッカ。
くわしくは来週に写真と共にお知らせいたします。
a0147312_20101611.jpg

[PR]
by cafezilch | 2009-12-12 20:12 | 日々
ご予約のケーキ
いつも身近な方のバースデーやお祝い事でご利用していただいているお客様。
とてもグルメな方で、店頭に出した事がないケーキでも、
「アレ、できるかしら、無理かしら・・・」といわれると、
「大丈夫ですよ、お作りします」とついつい言ってしまう性分。
この度はベリーのシブストご希望とのことで、作らせていただきました。

お菓子を作る事、食べる事が好きな方はご存知と思いますが、
メレンゲとカスタードクリームを合わせたムースのようなお菓子。
土台はパイ生地タルト生地、ダマンドやフラン生地などさまざま。
その土台の上にシブストクリームをのせて表面をカラメリゼします。
まだまだ知名度の低いこのお菓子ですが、1800年中ごろにサヴァラン、パンドジェンヌ、サントノーレなどと同じ頃にできたフランスの伝統的なお菓子のひとつ。
古いレシピなどがあればその頃のまま挑戦してみたいと思っています。

日々、お客様に気づかせていただいたり、挑戦させていただけたり。
ほんとうにありがたいと思っています。
これからも大事にしていくところはそのままで、変わっていくところは柔軟に変わって行きたいと思います。

a0147312_19102833.jpg

常時、ケーキ、焼き菓子の詰め合わせなどご予約承っております。
季節、時期などで内容などかわることも御座います。
詳しくは、当店までご連絡の上ご確認下さいませ。
一週間ほど前までのご予約でお受けしております。

[PR]
by cafezilch | 2009-12-10 19:14 | お知らせ
素敵ないただきもの
12月6日はサンニコラの日。
ベルギーではクリスマスよりも大きなお祭りとされています。
この日は子供達にスペキュロスというスパイスクッキーやマジパンなとが配られます。
もう過ぎてしまいましたが、6日にこのスペキュロスを知人からいただき、とても嬉しく、美味しくて幸せな気分になりました。
味的には、アメリカのジンジャーマンクッキーやフランスのパンデピスに似ているお味。
こんなスパイスたっぷりなクッキーを外国の子供達が喜んで食べるとは、文化の違いでしょうか。
子供のように喜んでいただきました。

寒い季節になるとなぜスパイスが恋しくなるのでしょう。
スパイス入りのメニューが増えそうです。
a0147312_19395689.jpg

[PR]
by cafezilch | 2009-12-08 19:42 | 日々
寒空とショコラショー
いち日いち日とふゆに向かってるなと、帰り道の風の痛さにそう感じさせられます。

店内には大きな窓が奥の方にひとつあって、自然光が差し込む唯一の窓。
入り口を入ると薄暗く、奥に向かって光が差し込む。
そのコントラストが美しいなぁと思う。
夏の強い日差しを避けるためにもうってつけな当店ですが、
オレンジ色の照明とレンガの壁が秋冬の空気にもよく合うと思っています。

a0147312_13123797.jpg

12月からの季節のドリンク、ショコラショー。
チョコレートをとかした飲み物、というよりは温かいスウィーツ。
甘すぎるのが苦手なので、酸味のあるカリブ産チョコレートのカライブとカカオをブレンド。
ちいさなちいさなエスプレッソ用デミタスカップにて提供しております。
寒いこの季節、甘くあたたかく濃厚なショコラショーを飲むと、とても贅沢な気分になります。
ぜひお試しください。
ケーキやタルトによく合う食材も増えてきました。
季節のスウィーツもご用意してお待ちしております。

 
[PR]
by cafezilch | 2009-12-05 17:48 | drink
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX