<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
groundnut
アピオス。
a0147312_96852.jpg

最近お客様から頂き、初めて”そのもの”を食しました。
いろいろなお店で見かけたりはしていたけれど、
加工されたものだったりだったので、
生のものをどうしていただくのかも分からぬまま今に・・・

シンプルに塩茹でしたらおいしいとのことでしたので、
そのまま茹でる事に。
お塩でも振った方がいいのかとも思いましたが、まずはそのまま。

おいしい・・・。

とても甘くてコクがあって。

感動です。

身近になると目に付くもので、
どこでも売っている食材だったのですね。
いまさらですが・・・。

アメリカの先住民の食材だったアピオスは、
明治期に輸入したりんごの苗木について青森県に入ったと言われています。

おいしい、栄養豊富、そして地場野菜。

日々のお野菜として使うにはすこしお値段が高いのかもしれません。
でも、食物繊維、たんぱく質などが豊富な他、
イソフラボンを多く含む事でも注目されている女性の味方の野菜。

シンプルな味付けが合うと思うので、
近頃当店では温野菜のポーチドエッグサラダに参加させています。
オリーブオイルとお塩と粗挽きコショウでいただきます。
ぜひお試し下さい。

日々、美味しいものや楽しい事を、たくさんのお客様から教えていただいています。
これからも自分のフィルターを通したくさんのコトをお店に反映していきたいと思います。


ヴァレンタインズデーギフトのご予約状況について

予定しておりました数量分のご予約をたくさんいただきました。
ありがとうございます。
週末には店頭にも並ぶかもしれませんと以前の記事でお知らせいたしましたが、
ご予約状況により、お出しできないかもしれません。
あと残り少しございますので、お使いの方はお早めにご連絡くださいませ。

[PR]
by cafezilch | 2010-02-10 09:07 | 日々
weekend foods
* 菜の花と小エビのスパゲッティー
   気候はまだまだ冬ですが、少しだけ春先取りです。
   オイルベースで、菜の花のさわやかな苦味とエビの食感をシンプルに。
  
* キッシュロレーヌ   ロレーヌ地方のキッシュ。
   ベーコン、玉ねぎ、グリュイエールチーズのシンプルな組み合わせ。

* ハモンセラーノのライ麦パンサンド
   スペイン産生ハムとトマト、チーズ、野菜のシンプルサンド
   味がしっかりしている生ハムなので、
   味付けはバージンオリーブオイルとブラックペッパーのみ。

なくなり次第終了となります。
その他グランドメニューは随時ございます。
[PR]
by cafezilch | 2010-02-06 12:50 | foods
立春
「春の気立つを以って也」

今日は立春です。
冬至と春分のちょうど中間の時期。
暦の上では寒さの頂点となり翌日から春へ向かっていく、ということになるらしい。
春にはほど遠い気候が続いてますが・・・
ちなみに毎年立春の前日が節分となります。
(節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の前日、季節を分ける日時の前日のことだそう)

春と聞けば春らしいものが欲しくなる。
しつらえや、食べ物も。
週末は春メニューにしてみようかな・・・
[PR]
by cafezilch | 2010-02-04 12:27 | 日々
おやすみ
今日は定休日です。
a0147312_13514518.jpg

[PR]
by cafezilch | 2010-02-03 10:00 | お知らせ
St. Valentine's Day
St. Valentine's Day
ヴァレンタインデーにはたくさんの歴史があります。
ロマンのある事柄から、宗教的なものまで、諸説あるようです。

日本人の私は、想いと共にチョコレートを渡す日としか思っていなかったのですが、
近頃、いろいろな由来や歴史が気になります。

お菓子の仕事に携わるようになってから十数年、
チョコレート商戦の真っ只中にいたころはこんな事をゆっくり勉強しようともしなかったし、
それどころではありませんでした。

いま、喫茶店という括りの中でお菓子に携わるようになり、
自分の好きなお菓子はなんだろう・・・から始まり、
なぜこれが好きなんだろう・・・になり、
やっぱり繋がっていた、というところ。
自分の中で、まだまだ奥深く、でも進化し続けています。

そんななかでジルチらしさを失わず、
ジルチにできる事をお伝えしていきたいと思います。

そして、

お待たせいたしました。
試作と試食を繰り返し、ギフト用のチョコレートができました。
今回はチョコレートの割合をカカオとカライブにしたので甘さは控えめだと思います。
カカオの香り、濃厚さは残しつつも、まとわり付く甘さがない配合にしました。

fondant chocolat et baie
ベリーのフォンダンショコラ
a0147312_21594565.jpg

a0147312_2202893.jpg
溶け出し流れ出すタイプのものではなく、
ケーキとしての形状は保ちつつも口に入れたら溶け出してしまう食感。
カシスとフランボワースをそのままごろごろと入れたので、
濃厚なチョコレートの中にも酸味の利いたソースとして口の中で溶けあいます。

約直径10cm×高さ6cm
布袋入り(多少パッケージが変わることもございます)¥1,200











varietes de petits fours secs
チョコレートのいろいろ
a0147312_2222471.jpg

a0147312_2225346.jpg
カカオサブレ、チョコレートパイ、チョコレートメレンゲ、ナッツヌガー入り。
こちらもビターなお菓子達のヴァリエ。
ナッツとチョコレートの組み合わせも好きです。

各4~5個入り
ガラスポット・布袋入り(多少パッケージが変わることもございます)¥850








美味しい組み合わせには、栄養学的にもすばらしい組み合わせが多いそうです。
このお話もとても興味深く楽しそうなので、近々お伝えいたします。

こちらの二種類はご予約をお受けしてからご用意いたします。
ご予約は10日まで、もしくは受け渡しの2日前までにご連絡下さい。
12,1314日は少しですが店頭に並ぶかもしれません。
なくなり次第終了となりますので、お求めの方はご予約されることをお勧めします。

また、ヴァレンタインデー当日まで店内ご飲食のみのチョコレートもご用意いたしております。
こちらはいろいろ変わりますのでご来店の際のお楽しみとなります。

みなさまのご来店をお待ちしております。
[PR]
by cafezilch | 2010-02-01 20:30 | sweets
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX