<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
本日のご予約
本日のご予約の焼き菓子の詰め合わせ。
少しずつ、いろんな種類を。
ありがとうございました。
a0147312_219350.jpg


* 当店では焼き菓子の詰め合わせや
   バースデーケーキなどのご予約も承っております。
  詳しくはご来店の際、もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。

[PR]
by cafezilch | 2010-09-28 21:16 | 日々
豊かな想像力
a0147312_951290.jpg
今年はバジルが豊作で、
フレッシュのままパスタやサンドやサラダなどにもたくさん使いました。

そろそろハーブたちの片付けを、と、収穫しに中庭へ。
園芸番長さんに一言ご挨拶をし、
さっそく収穫、とその時・・・

園芸番長さん「カミキリムシいるよ」

ジルチ「え、どこどこ?」

園芸番長「ほらそこそこ」

ジルチ「・・・ぎゃぁぁぁ~~~」

そう、その方はすぐ近くにおられたのです。
 
a0147312_928132.jpg

                * 園芸番長さんに撮っていただきました。
      
嫌いだからこそ意識せず、
平気平気と思っているとさほど気にならないのに(たぶんやせ我慢)
何かのきっかけでスイッチが入ってしまうと最後、
そこからの想像力といったら、宇宙並みの広がりでどんどん膨らんでいったのです。
(霊的な話を聞いて、怖いと認めてしまったら恐怖のアリ地獄にはまってしまうあの感覚。
どの感覚?)

首筋から背中にもそもそと入ってくる想像、
足元から何気なくズボンの中に入ってきて、気づいたときにはもう遅く、
足の付け根まで這い上がってきている想像、
そんな静かな侵入ではなく、いきなり突撃され潰れて・・・

そう、このときにはすでに首から背中、太ももにかけて痒みが広がっていたのでした。

もちろんその後の収穫は断念。
当店の昆虫採集家、スタッフTへ引き継ぎしたのでした。
そして大きいボウルいっぱい!収穫できました。(していただきました)

そして、カミキリさんへの豊か過ぎるその想像力は、
バジルペースト、ジェノバソース作りへのおいしい想像へと強制移行したのです。

そこからはもうおいしい天国。
鶏肉に塗って焼こうかしら、
シンプルにパスタにしようかしら、
いやいや、茹でたてほくほくのジャガイモにからめようか
白身魚とも合うよね・・・

ペーストがなくなるまで、
「デネガガーデン収穫、自家製ジェノバソースのパスタ」
出します。
a0147312_1736128.jpg

ぜひ、お試しください。

* 明日、29日(水)は定休日となっております。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-28 17:39 | foods
a0147312_18432959.jpg

気持ちのいい空。

あったかいものが
よりおいしく感じる季節になりました。

---

あたらしいハーブティー入荷しました。
冬に向けて体つくりの為のお茶。
a0147312_1852177.jpg

もうすぐ季節のお飲み物として黒板メニューに登場します。
その前に、こちらもでお知らせいたします。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-26 18:54 | 日々
ご予約のバースデーケーキ
a0147312_1729130.jpg


いちぢくとかりんごとか。
季節によって変わるフルーツのバースデーケーキ。

ありがとうございました。

バースデーケーキやタルトなどご予約を承っております。
詳しくは、ご来店の際、もしくはお電話にてお問い合わせください。

[PR]
by cafezilch | 2010-09-25 17:32 | sweets
いちぢく
今年もこの季節がやってきました。
a0147312_18133425.jpg

いちぢく。

なぜか惹かれるこのくだもの。
なぜなのでしょう・・・

毎年スタッフくんのお庭から、
そしてお客様から赤く大きないちぢくを沢山いただきます。

すこし早いものはコンポートにして、
すっかり熟して食べごろのものはフレッシュのままデザートに。
そして、サラダにもしてしまいます。
生ハムと相性が良いのは言うまでもなく、
スモークサーモンや、イクラなど少し塩味のあるものと
香味野菜、ルコラなどに美味しいオリーブオイルとお塩だけで
おいしいサラダになります。
ビネガーやチーズなど加えたりしても。

食卓を少しだけ華やかにする、あの赤い色がすきなのかもしれません。

昨日は十五夜ということもあり、栗や毛豆やほくほくかぼちゃの煮物やおはぎや。
おいしいものがどんどん増えてくる秋はたのしい。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-23 18:15 | 日々
幸せな日
きょうはお祝いをしたいと思っていた人が来てくれた。

幸せそうな彼女ともっと話したいと思った。
とってもいい雰囲気だった。

a0147312_17434299.jpg


明日、22日(水)は定休日です
[PR]
by cafezilch | 2010-09-21 17:45 | 日々
お土産
a0147312_17435416.jpg


お客様より嬉しいフランス土産頂きました。

フランス版エルアターブル、
クレマンフォジエのマロンペースト、
スーパーといえばモノプリ!の自社製品のイチジクジャム。

フランスの風が吹きました。
旅したいです。

クレマンフォジエといえばイガに包まれ足は葉っぱで出来、
重そうな缶詰を持ち上げてるタフな彼が印象的なパッケージ。
a0147312_1801958.jpg

ちなみに当店で使用しているマロンペーストは
白いコックコートにコック帽のキュートな紳士の方。

素敵なお土産ありがとうございました。

そして、週末スウィーツのひとつ、焼シトラスタルト。
数種のシトラスフルーツをタルト生地と、アーモンドクリームと共に焼きました。
焼シトラス、意外な感じですが、酸味と、苦味が程よく利いて美味しいタルトです。
a0147312_1816362.jpg

[PR]
by cafezilch | 2010-09-19 18:18 | 日々
ローズヒップとハイビスカスの赤いハーブティー
春から夏にかけて季節のドリンクとしてお出ししていたハーブティー。

暑い季節も終わり、季節のドリンクも変えようと黒板メニューから消したところ、
もうないんですか?の問いが多かったのには意外でした。

もちろん、もうありません!とは言いません。
季節のドリンクという括りから、グランドメニューのハーブティーへ昇格です。

実は酸っぱすぎるハイビスカスティーは苦手で、
のどにクッと刺さるような刺激が得意ではありませんでした。
でも、色の綺麗さや、体に良い成分がたくさんのハイビスカスを美味しくいただきたいと思い、
いろいろ試行錯誤し、出来たのがローズヒップのジャム。

ローズヒップ。
ハイビスカス同様よく耳にするハーブティーですが、
ローズヒップの味って、どんな味?
そして、こんな硬いものから、わずか数分で味や成分が抽出されるの?
a0147312_18455875.jpg

はい、されます。
かすかに、香り、味、もちろん成分も出ます。

が、それだけでは終わりません。
そのものを食べてしまいます。
a0147312_18562243.jpg


一晩水に浸しておいて、煮ます。

そして、ローズヒップのエキスがぎゅっと濃縮されたジャムのできあがり。
お砂糖の代わりに入れると、ほのかな甘みがハイビスカスの強い酸味と相まって
とても美味しくいただけます。
もちろんそのままお召し上がりいただいても。

以前の記事にも書きましたが、ビタミンの爆弾のローズヒップ。
もしかしたら夏の疲れが出てくるこれからの季節のドリンクだったのかも。
a0147312_1920074.jpg


* 通常ビタミンcは熱に弱いのですが、
   ローズヒップのビタミンは熱に強い為、効率よく体内へ吸収されるのだそうです。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-18 19:40 | drink
曖昧な味覚 おいしい記憶
a0147312_20352150.jpg


環境や見た目、そのものの背景や作り手の想い、
体調や一緒に食す相手によっても随分と変わる私の味覚。
だいぶ曖昧です。

そもそも味覚とはどこまでが味覚なのかもはっきりしないところ。

コンセプトに負けてしまうこともしばしば。
そんなときは完全に脳で味わっています。
それも悪い事ではありません。
私にとって味覚とは”舌”だけではないのです。

しかしながら情報を鵜呑みにした味覚というものは、すぐに飽きがきます。
だから食にも流行、廃りがあるのでしょう。

そんな私でも、
「おいしいセンサー」
というものが働くときがあります。
のどと鼻の奥の交差点あたりがうずくのです。
よくいう「のどが鳴る」、ということなのでしょうか。

HORIGUCHI珈琲
数年前より当店で扱わせていただいている珈琲豆屋さん。

珈琲好きのスタッフにここのコーヒー美味しいですよ、と教えてもらい、
そのときはまだ何の情報もないままに飲んだのですが、
まさにそのとき、ググッとセンサーが働いたのです。

カップを口に持っていくより先に、口がカップに近づいていくんです。

こうして確実に私の中の「おいしい」記憶に刻まれたのでした。
そして廃らない本当の味覚となって、自信を持ってお客様へお勧め出来るのです。

いつだったか、ある和菓子屋の店主さんが、
「あまりにも美味しすぎるものは、すぐに飽きられる。
 食べていくうちに、少しずつ忘れられない味にするのだ。」と。
地味=滋味がいいんだ、と。

派手さはない味かも知れません。
でも、綺麗にバランスの取れたお豆です。

そして、そのままを味わえるフレンチプレスで味わってみてください。
旨みも雑味もすべてそのまま出てしまうプレス式で淹れるコーヒーは、
本当に美味しい豆でないと飲めません。

永く愛していただけるように、新鮮なお豆をご用意してお待ちしております。
知識豊富なスタッフTとのコーヒー話もおいしい記憶にどうぞ。

100g~ ¥500
お挽きすることもできます。
お申し出ください。
*専用缶もございます。
[PR]
by cafezilch | 2010-09-16 20:36 | 日々
心強い友人
a0147312_17301855.jpg


早朝から店のコトで手伝いをかって出てくれた友人。

静かな店内にミシンの音だけがカタカタカタと。

納期に間に合うようにとモクモクモクと。

何かに集中して取り組めたときの
うまくかみ合う瞬間というか、
意識以上の何かが働いている感覚というか。

良い時間だった。

報酬は朝食。

こんな人たちに私、そしてジルチは支えられている。


あす、9月14日(水)は定休日となっております。

[PR]
by cafezilch | 2010-09-14 17:43 | 日々
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX