<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
迫り来る
a0147312_1794776.jpg


スタッフT作
「バナナとハチミツのパウンドケーキ」

前へならえ。
よーい進め。

少し列が乱れました。

パウンドケーキの行進。

ときどき売ってます。

あす、17日(水)は定休日となっております。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-16 17:25 | sweets
王林と、とき。
a0147312_1154421.jpg

どちらがどちらかわかりますか?


わたしは全く分かりません。

もちろん、いただいたときにこれがコレ、それがソレと聞いているからわかるのであって、
なにもわからず、どんっ、と箱ごといただいたら、きっと同じものだと思って食べていたと思う。

たまたま、ご来店いただいていた、スタッフくんのお知り合いのりんご先生に聞いたところ、
表面にある点が大きいのが王林(左)、小さいのがとき(右)、だそう。
色も若干の違いがあるものの、やっぱりわたしには見分けが付かない。

そして、りんごの品種を調べてみた。

・・・すごい種類

りんごの国の人なのに、いや、だからこそなのか、
りんごの食べ比べなどしたことがなかった。
つがるをいただけば、つがるばかり。
ふじをいただけば、ふじばかり。
意外と知らないいろんな事。

今年は、たくさんの品種を色々な方々からいただく機会があって、
したことのない食べ比べをしてみた。

ぜーんぜん違う。

農家さん、専門の方々から言わせれば、当然のことなのだろうけど。

味の違いをちゃんと感じる事が出来た。

最近よく見かける、トマトやジャガイモなどのいろいろな種類の詰め合わせ。
りんごもあったら、楽しいのにね。
2種類くらいの詰め合わせは見たことはあるけれど・・・
もしかしたらあるのかな。

それぞれの品種、その特徴、時期や味の説明書きと、
そして、箱を開けたら、目にも楽しいいろいろな品種のりんご。

送るほうも、送られるほうも楽しいはず。

地元の人ですらきちんとわからないのだから、
他県の方はもっとだと思う。

なんだか楽しくなってきた。


*りんごの詰め合わせ、調べてみたらありました。
 いろんなところからいろんな種類が出ていました。

[PR]
by cafezilch | 2010-11-16 14:22 | sweets
お母さんの味
a0147312_100295.jpg



キッチンから四角くのぞく、薄暗い灰色の空が見える。
その空の隅っこに見える Metropolitan Universityの文字と、
学生たちのにぎやかな声。

やけどするほど熱かったり、体温と同じくらいぬるかったりする
温度調節がむずかしいセントラルヒーティングに腰をかけ、
近くにあったwaitroseを横目に、
少し先のsafewayで買った薄味のティーバックの紅茶に、
青いキャップのノンファットミルクをたっぷり入れて、
すでにミルクティーなのかなんなのかわからないそのあたたかい飲み物が入ったマグをもち、
ゆっくりと待つ。

ちょっと薄汚れたガスオーブンからシナモンの香りがしてくる。

くちくちくち、と小さな音を立て、
クランブルも香ばしく色付いたし、
りんごも程よくクタッとなって、
バターの香りが漂ってきて、もうそろそろ食べごろですよ、のサインも整って、
オーブンの扉を開ける。

そこからは、急いで準備。
バニラアイスか、ダブルクリーム、もしくはクロテットクリームをのせ、
くちゃくちゃにしながら、一気に食べる。
そして、冷めてしまったミルクティーをゴクゴクと飲み干す。

だれから教わったわけでもないけれど、
いつの間にかよく作り、よく食べていたアップルクランブル。

イギリスのママの味。
寒くなってくると食べたくなる家庭の味です。



そして、こちらはフランスの家庭の味。
a0147312_10213019.jpg


ダークチェリーのクラフティー。
ジルチの定番です。

プリンのような食感のクラフティーより、
ムチッとした食感は、
どちらかと言うとファーブルトンに近いのかもしれない。

週末スウィーツの一部。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-13 09:58 | sweets
冬のハーブティ-
お知らせが遅くなってしまいましたが、
季節のドリンク、出してます。

この度はHyssop(ヒソップ)

a0147312_107314.jpg


清涼感のある香りと味、そして、柳の葉に似ていることから
柳薄荷(ヤナギハッカ)という和名が付いています。

古代ギリシア・ローマ時代にはすでに「聖なるなるハーブ」として広く知られており、
色々なものを清めたり、殺菌、浄化作用があったり、
メディカルハーブとしても使われていたそう。

この、ヒソップというハーブ、
とにかく万能なんです。


* 心への癒しとして、
不安、神経性の緊張、ストレス症状に。

* 身体への効能・効果・効用
疲労、風邪、インフルエンザに。
特にウィルス性の感染症に効果あり。
咳、百日咳、喘息、気管支炎に。
カタル症状に。
喉の痛み、扁桃炎に。
リューマチ、関節炎、通風に。
疝痛、消化不良に。
低血圧に。

* 肌へ
傷、切り傷に、内出血、炎症、皮膚炎に、湿疹に。

そのほか、
肉、お豆など、素朴な味付けのお料理、
エッセンシャルオイル、サシェなど、本当に多様。

ちょっと風邪っぽいかな、疲れたな、食生活が乱れてるな、
気持ちの切り替えしたい、など、いろんな状況に寄り添うヒソップティーです。

ブレンドや、アレンジなど色々考えましたが、香り、味に特徴があるのでそのままで。


カップを持ち上げ、
深呼吸して、
口にして、
鼻から抜ける香りをゆっくり、ゆっくりとお楽しみください。




* ヒソップは少し強めのハーブです。
   妊娠中の方、高血圧の方などはお控えください。

[PR]
by cafezilch | 2010-11-11 10:26 | drink
また、
a0147312_9515153.jpg


前回のはまりモノに引き続き、

『豆デニッシュ』

ちょっとバルタン星人ににていますね。
こちらは、去年?もしくは一昨年くらいからのお付き合い。

おなじくこちらのパン屋さんがお気に入りの友人と豆デニッシュで盛り上がる。

デニッシュ生地のお塩加減のいい塩梅と、ゴロゴロと入った甘すぎないお豆の加減、ちょうど良いところで交わっている感じ。

豆、イモ類が好きな私にとって、最高のパン。
おいしい。

ちなみに、今月のパンは『リスさん』
多分、シマリス。


あす、10日(水)は定休日となっております。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-09 10:03 | 日々
それぞれの仕事
a0147312_13314726.jpg


a0147312_13322798.jpg


a0147312_1333043.jpg


先日の撮影風景。

来月、12月4,5日の 
『takahashi kimie textile exhibiton』
のDM用の撮影風景。

久しぶりにzilchでの展示をすることとなりました。

ギャラリーでもなく、レンタルスペースでもないここの場所。

以前は、ライブやいろいろな方の展示などさせていただいておりました。

何度かさせていただくうちに、小さな疑問が出始め、そしてそれが大きくなり、
いろいろなお誘いや、展示のお話など、良いお話をたくさんいただいたにもかかわらず、
お断りさせていただくようになってから数年。

久しぶりに、
あぁ、またやってみようかな・・・という気持ちにさせていただきました。

今回のDMのデザイン、構成などお願いしたTHE STABLESのOくんに、

なにか物事には自然とくるタイミングのようなものがあって、
そのタイミングだと感じたことや、
直感で前向きになれることだけをやる、というのが
とても自然で、良い結果がのこるものなのかも。
というお話を伺って、
なにかが腑に落ちました。

写真は、カメラマンのRくん夫妻に撮影を。
雰囲気や、その人のことを十分に引き出そうとしてくれるその姿勢や変わらない物腰。
10年来の知り合いのRくんの仕事振りを見るのは初めてだったけど、
とてもよかった。


いままでの疑問やジレンマみたいなものが不思議と感じられず
今回の事を進めていけていることがとても嬉しく、
きっかけを作っていただけた彼女に感謝しています。

確かな技術、
揺るがない芯、
伝えたい気持ち。
颯爽と風を切って前へ進むイメージがある彼女には、
いつも色んな事を教えてもらっています。

彼女の気持ちに動かされ、人が集まり、何かが生まれる。
いつだって、彼女の周りにはそんな風がふいている。

それぞれのプロフェッショナルが集まって何かを作り上げるときの
心地よい緊張感。

よかった、と思えた一日でした。

---

『takahashi kimie texistile exhibiton』
については、高橋 公江さんの事やそのほかの詳細など、
またこちらにて後日お知らせいたします。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-08 15:06 | 日々
ジュネ味噌
エゴマは聞いたことがありましたが、ジュネ味噌は初耳でした。

エゴマ油は、今のように菜種油が主流になる前まで、ごくあたり前に使われてきた食用油。
乾性油のため、番傘や塗料用、ほか、灯火にも使われていたそう。

お客様から、エゴマそのものと、
a0147312_1918251.jpg

それを乾煎りして擂り、お味噌お砂糖などで作る「ジュネ味噌」をいただきました。
a0147312_19184874.jpg


津軽では、多分、そんなに頻繁に食卓には上らない食材だと思うのですが、
南部では、雑穀をつくったり、食べたりすることが日常的のようで、
南部にお知り合いがいるということで、当店にも分けていただきました。

ジュネ味噌は、とても香ばしく、プチプチとした食感で、
いっしょにお持ちいただいた白玉との相性ばつぐん。
そして、エゴマの香り。
とってもおいしいです。

そしてそのままのエゴマ。
何に使おうか、と思いめぐらせ、まずはタルトに。
ちょうど、木の実のタルトを焼こうと思っていたので一緒にパラパラと。
アーモンド、くるみ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツに負けることなくしっかりと主張してくれるだろうか。
落ち着いてからの明日の日替わりスウィーツ。
a0147312_19191137.jpg


楽しい情報、ほんとうにいつもありがとうございます。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-06 19:20 | 日々
おげんきですか


a0147312_1449611.jpg



お店をはじめようと思った頃から丸五年。
その頃からずっと逢っていないけれど、元気にしていますか。

この五年、いろんなことがありましたよ。

聞きたかったいろんな事、
ダメになってしまいそうなとき、
見せてあげたかったたくさんの素敵な事。

伝える事が叶わないことをいつも悲しく思っていました。
今でも時々思います。

くちなしの季節に生まれたあなたは、よく、くちなしの花を口ずさんでいましたね。
この曲を聴いて、ふとあなたの事を思い出しました。

お店をやろう、と思わせてくれた人。
いつも背中を押してくれた人。
不器用だけど、いつも一生懸命誰かのために動いてた人。
どんなときも味方でいてくれた人。

最後の最後まで力強く手を握って
大丈夫だから、と笑顔でさよならしたのは五年前の今日でしたね。

あなたに逢いたいなぁと思います。

感傷的になってしまったけれど、
記録としてここに残しておきたいと思いました。

あなたへの想いと共に始まったzilchだから。

---

少し早いけれど、もうすぐzilchも6年目を迎えます。
そして、いままでお世話になった方々と共に、
なにか楽しい事を2つ3っつ、やろうと思っています。
近々お知らせできたらと思っています。

たくさんの方々のお世話になりながら、
進められていける事に感謝して、
背伸びすることなく、6年目を迎えられたら、と思います。


毎週水曜日は定休日となっておりますが、
本日は祝日の為、営業いたしております。


白いものがチラチラとしてきました。
お近くにご用の際は、暖を取りにお立ち寄りください。
ご来店、お待ちいたしております。
[PR]
by cafezilch | 2010-11-03 14:53 | 日々
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX