<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
無袋のふじ
a0147312_1781324.jpg


紅玉が終わり、袋を掛けない無袋(むたい)のふじ、”サンふじ”に代わりました。
色はあまりよくないけど、とってもおいしいふじ。
日の光をたっぷり浴びてるものは、きちんと味がする。

紅玉の酸味はないけれど、香りや食感ジューシーさがあって、またおいしい。

あと少しの期間だけ、のアップルパイ。


あす、16日(水)は定休日となります。
[PR]
by cafezilch | 2011-02-15 17:17 | お知らせ
本日のご予約
a0147312_18323692.jpg

栗のタルト。

タルトの中のクリームをマロンクリームにかえて。
渋皮煮の栗と一緒にシンプルに。

そして、今年は何も企画しなかったバレンタイン。
お任せで、ということで、作らせて頂きました。
いつもありがとうございます。

a0147312_18362782.jpg


上掛けのグラサージュが綺麗にできてよかった。
[PR]
by cafezilch | 2011-02-13 18:40 | 日々
cotomono
a0147312_9464871.jpg


久しぶりに話した彼女の声は変わらず優しい。

去年便りが届き、なかなか連絡できず年をまたいでしまった。
簡単に済ませたくないやり取りを大事に大事にしすぎてしまった。

初めて会ったのは五年前。
ちょうど吉井酒造での催しがあった時。
福岡から弘前へほぼ勢いで来たと言う彼女のマント姿は今でもしっかり記憶している。
偶然が重なり、遊びに来てくれてから今に至る。

二年ほど前、東京での個展で一度会ったきり、
いつも連絡を取ったり、会ったりしているわけじゃないけど
便利な世の中のおかげで活動の一部始終を垣間見ることが出来る為、
とても近くに感じている。

かわいい、とか、素敵、とか、一つのことばで括りきれない、括りたくないなにかがあって、
それらは彼女自身とリンクしているような気がする。
私なりの彼女の作品に対してのおもいはあるけれど、
ここで語ってしまったらそのイメージがついてしまう。
見て、触れてみないとわからないことが多い。

そんな彼女の個展がもうすぐある。

―――

 キモチをカタチに...
 Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.4

 [期間]
  2011年2/19(土)〜 2/27(日)
  13時〜20時(土日は12時〜、最終日のみ18時まで)
  DMには間違って23日(祝)も12時〜と印刷しておりますが、
  23日は平日でしたので13時〜となりますのでご了承ください...

 [場所]アルバス写真ラボ
 *アルバスオルジナルのカメラかばんも作りました!
  〒810-0023 福岡市中央区警固2-9-14
  TEL:092-791-9335 hp:www.albus.in

―――

彼女の活動拠点である福岡での展示。
遠く離れた北の地からはなかなか簡単に行けないのだけれど。

遠く離れた南の地から彼女はやって来たんだったっけ・・・






明日、2月9日(水)は定休日となります。
[PR]
by cafezilch | 2011-02-08 10:37 | お知らせ
アップルパイ アンテナショップ 
アップルパイガイドマップにそって、
食べ比べが出来るカフェや、
数店舗のアップルパイが購入できるアンテナショップが週替わり、数箇所で催されています。

Hirosaki apple pie
Tabekurabecafe&anntenashop


今週はzilchもアンテナショップのみ参戦。
お客さまは手に取ってくれるのでしょうか。
販売していただくその場にいないので、
どのような形で、どのようなお客さまがお買い求めになるのか気になるところです。

オーブンの大きさの問題で、一度に焼ける数も限られているのですが、
焼きあがっては次、焼きあがっては次、とフル稼働で、
焼きあがるのを見てはかわいいな、かわいいなの繰り返し。
焼き菓子はほんとにかわいい。

a0147312_121449.jpg

焼色が付いて、状態が変わっていく姿をじっと見るのは、小さい頃から変わらず好きな事。

膨らみ過ぎないように気をつけて、

濃いめの焼色をしっかりつけて香ばしく、

カットして、きれいに包んで、箱に入れて。

さぁ、いってらっしゃい。
a0147312_1243154.jpg

[PR]
by cafezilch | 2011-02-05 12:05 | お知らせ
素直に傾ける
a0147312_18231636.jpg

                                      photo kaori fukusawa

すーっと入ってくる時がある。
音や、景色や、においや、感覚や。

偶然に、よく見ていた番組が流れていて
心地よい声と、すばらしい景色と、そして、気になる音楽。
昨日見たその番組に使われていた曲があまりにもその景色と相まって、
”そこ”へ入り込んでしまったような感覚に。

PVを観てさらに入り込んできたその曲。
ヘルシーな彼女の雰囲気がとても素敵。
数年前、CMに使われていたようで、
そういえば、と思い出したけれど、
そのとき聞いた感じと、昨日聞いた感じは全くの別物。

もちろん、シチュエーションが違うから感じ方も違うのかもしれないけれど、
私にとって彼女の歌声は”今”だったのかも。

誰かの評価などとはまた別に、
無防備なとき突然やってくる”あ、この感じ”はそうそうあるものではない。
いままではそう思っても書き留めておく事や調べることなどあまりしてこなかったけれど
どうやら気になる物事には関連性や意味があるらしい。

と、最近よく思う。

Yael Naim et David Donatien "New Soul"


数日前にもラジオから流れてきた"it's Ok"
なつかしい歌声にあの頃を思い出して、
そしてシンプルな歌詞に快晴の青空を仰いだ。
きもちいい。

素直に傾けたら、見えてくるかもしれない。
[PR]
by cafezilch | 2011-02-03 18:24 | 日々
Join the FON movement!
copyright©2009 zilch AX